エースサービス株式会社

MENU

NOTES ON THE USE OF TROLLEY BAG AND SUITCASE

保管・お手入れ上のご注意

  • ボディ及びプラスチック部品は、直射日光や仕様・保管状況により、色あせが生じることがあります。
  • シンナー、ベンジンなど溶剤や研磨剤を含むものをお手入れなどに使用しないでください。表面の汚れには、中性洗剤を含ませた布で拭き取り、その後水拭きしてください。
  • スーツケースは、紫外線を避け、通気性の良いところで保管してください。ビニール袋や段ボール箱に入れた状態での保管は、ハンドルやキャスター部の加水分解などの原因による経年劣化を早めます。
    長期間保管後のご使用に際しては、ハンドルに荷重を掛け不具合の有無を確認するなど、あらかじめ点検されてからご使用ください。

使用上のご注意

  • プルドライブハンドルの上げ下げの際にはパイプの連結部分、ハンドルと本体との間に指を挟まないようにご注意ください。
  • 階段や段差のある場所での無理なキャスターの使用は危険です。
    スーツケースの破損や転倒する恐れがあります。スーツケース本体のハンドルを持ってご使用ください。
  • 移動している車両の中や傾斜面では、スーツケースが不用意に動く可能性がありますので、ご注意ください。
    スーツケースを横にして置くか、ハンドルから手を離さないようにしてください。
  • スーツケースを連続走行した直後には、キャスターに触れないでください。キャスター走行時に発生した摩擦熱で火傷する危険性があります。
  • キャスターの車軸に砂やホコリが付着したり、糸クズなどが巻き付いたりしますとキャスター故障の原因となりますのでご注意ください。
  • 現金や貴重品は、スーツケース内に入れないでください。
    ロック機構はスーツケースが不用意に開かないためのもので、盗難を防止するものではありません。
  • 荷物の詰め込みすぎにはご注意ください。
  • ガラスビン等割れ物の収納には、十分ご注意ください。
    割れたり、中身が漏れる恐れがあります。
  • スーツケースの開閉には、十分ご注意ください。
    手や衣類などをはさむ恐れがあります。
  • 棚など高い場所に置く場合は、落下する危険がありますので置き方には、十分ご注意ください。
    スーツケースの落下は重大な人身事故につながる恐れがあります。
  • スーツケースは強い酸性や塩分、高い湿度などにより傷む恐れがありますのでご注意ください。
  • スーツケースは完全防水ではありません。雨水などがしみ込む恐れがありますので、ご注意ください。
  • スーツケースを初めて使用する際に、樹脂などの臭いがすることがありますが、使用している間に臭いは薄くなっていきます。
  • スーツケースは熱により変形する恐れがありますので、ご注意ください。
    暖房器具のそばや高温になる車中には、放置しないでください。
  • ボディには衝撃に強い素材を採用しておりますが、過度の衝撃や負荷が加わった場合、変形や破損を生じることがあります。
  • スーツケースの強度や耐久性は、使用回数や経過年数も影響しますが、使用中に受ける衝撃等、取り扱いの状態に特に大きく左右されます。
  • 遊具や踏み台、椅子として使用することは危険ですのでおやめください。
    転倒など思わぬ事故につながる恐れがあります。
  • スーツケースの走行時には周囲の人や物に、十分ご注意ください。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ窓口