エースサービス株式会社

MENU

MAINTENANCE INSTRUCTIONS

皮革製品

革は普段からのお手入れが大切

  • 定期的に乾いた柔らかな布で汚れを拭き取っておくことが基本です。

革は水に濡らさないことが大切

  • 万一濡れた場合は、素早く水気を取ってください。
    この場合、乾いたタオルで軽く叩くように吸い取ってください。
  • 決してこする様に拭き取らないでください。
    こすると表面の汚れが革の内部へ浸透し、シミの原因となります。
  • 水気を取った後は形を整えながら紙(新聞紙等)を詰め込みます。
    さらに風通しの良い場所で室温で陰干しします。
  • 直射日光やドライヤーでの高温乾燥は革の収縮や硬化の原因となりますのでやめてください。
    水気が完全になくなってからクリームや保護油を塗ってください。
  • 皮革の種類・表面加工方法を事前に知っておき、専用のクリームを使うようにしてください。
    また、ご使用の前に必ず目立たない部分で試し塗り

革の汚れが目立つ時は汚れ落としが大切

  • 少しばかりの汚れは消しゴム等で色落ちに注意しながらこすり落とします。
    手アカなど油性の汚れには皮革専用のクリーナーをご使用ください。
    この場合、必ず目立たない部分で試し拭きをしてください。

繊維製品

日常のお手入れ

  • ふだんは柔らかなブラシでホコリを払い落してください。

汚れを落とす場合

  • 少しばかりの汚れは色落ちに注意しながら消しゴム等をご使用ください。
    手アカなど油性の汚れには、水で薄めた中性洗剤を柔らかい布に含ませて、よく絞って拭き取ってください。

合成皮革製品

日常のお手入れ

  • 普段は乾いた布で“カラ拭き”をしてください。

汚れを落とす場合

  • 汚れが目立ってきたら、水で薄めた中性洗剤で拭き取ってください。

ご注意事項

  • 鞄のショルダーベルトや表生地の摩擦により衣服を毛羽立たせる事がありますので、ご注意ください。
  • ベンジン・シンナーなどの揮発性溶剤の使用は厳禁です。
  • 洗濯やドライクリーニングも厳禁です。
  • 鞄を保管される時は、湿度温度が低く通気性の良い所に置いてください。
    通気性が悪いと樹脂の経年劣化を早める恐れがあります。