エースサービス株式会社

MENU

OPERATING SUGGESTIONS

保証・免責事項について

弊社の扱い商品に保証はつけておりません。
万一製造上の欠陥による不良の場合は無料で修理いたします。
また、ご使用頂いた後のお客様のお取り扱いによる不具合の発生につきましては、
実費で修理させていただきます。

下記の場合は有償(有料)での修理対象になりますので、ご了承ください。

  • 通常の消耗、摩耗、退色、及び加熱、溶剤、酸、水などによる劣化、損壊、汚損。
  • 航空機など運送途中のダメージによる破損、不具合。
  • ボディ、ハンドル、キャスター部の、加水分解など経年劣化による破損、摩耗。
  • お客様の故意、重過失、不正使用による場合。
  • 戦争・暴動・地震・噴火・水災(台風、洪水、津波等)による場合。
  • 当社公認のリペアセンター以外での修理・改造等により生じた損傷

また、鞄の中のお荷物の損傷や紛失、機会損失に関する損害は保証いたしません。

※2015年1月以降に発売したプロテカの日本製ハードケースには、3年保証がついております。

鍵の紛失、ダイヤルロックのセット番号をお忘れの場合

当社のハードスーツケースには、鍵穴の横またはイニシャルシールを貼る部分に『キーNO』が刻印されています。購入された販売店または「エースカスタマーセンター」へ、その『キーNO』を提示しオーダーをお願いいたします。

鍵の種類によって、3〜4日で手配できるタイプと2週間程度の日数を要するタイプがありますのでご注意ください。ただし、一部のスーツケースには鍵番号がないものもございますので、お問い合わせください。

また、ソフトタイプのトローリーバッグですと、ほとんどの場合、鍵番号は書かれておりません。
こちらは製品番号(5桁もしくは7桁)が必要になります。不明の際はお問い合わせください。
ダイヤルロックのセット番号をお忘れになった場合は、「エースカスタマーセンター」にご相談ください。
少々お時間をいただきますが無料で作業させていただきます。

鍵番号、セット番号は必ずメモされておくことをお奨めします。

エース製品のサイズ・重量・容量表記について

2009年12月1日より、機内に持ち込める手荷物のサイズ規定が国内全航空会社間で統一され、国内線の航空機内に手荷物を持ち込む際、保安検査場で大きさを確認し、規定サイズを超える手荷物は機内に持ち込むことができなくなりました。

こういった事情から、エース株式会社では機内持ち込みの可否を事前にご確認していただけるよう、スーツケース・ソフトトローリーバッグのサイズ表記方法を内寸と外寸の両表記にしております。

バッグ等その他の製品に関しましても基準を表記しておりますので、ご覧ください。

詳細はこちら

トローリーバッグの使用マナー 安心・安全なご使用のために。

街中で多く見かけるようになったトローリーバッグ、キャリーバッグなどと呼ばれるキャスター付きバッグは、便利な反面、不用意な使い方により、思いがけない事故やトラブルに繋がるケースも増えています。

周囲の安全を考慮し、皆様が気持ち良く過ごせるようマナーを守ってご使用ください。

詳細はこちら

スーツケース ご使用上のお願い

スーツケースは、紫外線を避け、通気性の良いところで保管してください。

ビニール袋や段ボール箱に入れた状態での保管は、ハンドルやキャスター部の加水分解などの原因による経年劣化を早めます。長期間保管後のご使用に際しては、ハンドルに荷重を掛け不具合の有無を確認するなど、あらかじめ点検されてからご使用ください。

荷物の負担が掛かるハンドル
フレームのゆがみ/錠前の点検
走行に不可欠なキャスター

不正サイトにご注意ください。

弊社のウェブサイトやカタログの画像を無断でコピーした模倣サイトを開設し、代金のみを受け取って商品を発送しない詐欺的サイトが多数確認されております。大幅に安い価格になっている、住所・電話番号・責任者など法に基づく表示がなされていない、日本語として不自然な表現がある、支払いが前払い(振込)のみでしかも振込先が個人名であるなど、少しでも不審な点がある場合は詐欺的サイトの可能性がありますので、ご利用前に電話して確認するなど十分にご注意ください。